【共働学舎の活動紹介】


● 廃品回収

近隣を中心とした町田市全域や国会等から、古新聞・古雑誌を回収し、湯舟共働学舎の紙専用のプレス機で固く縛り、 新聞紙・上質紙は専門業者に持ち込み、雑誌はトイレットペーパー再生ルートに回します。
また、地域の缶・ビンを集めて仕分け、鉄とアルミに分けてブロックして、再生業者に渡します。 どちらも汚れる仕事ですが、リサイクルに主眼をおき、思い切り体を動かせる、充実感のある仕事です。

● 銅線の皮むき

不要になった電線の、外側をくるんであるビニールの皮をむき、中の銅線だけの状態にして、業者にひきとってもらいます。 簡単そうで、なかなか力のいる仕事です。いらない電線があったら、是非、桜ヶ丘共働学舎までご一報ください。

● ペットボトルリサイクル

容器包装リサイクル協会の指定事業者として、委託契約を受けたペットボトルを回収し、分別・洗浄してフレーク化し、プラスチック成型品として再生します。 現在はほとんどが卵のパックとして再生されています。

● 洋ラン栽培

不要になった洋ラン(主にコチョウラン)を回収し、一年かけて花を咲かせました。自然に近い状態で栽培しているため、開花は主に5・6月です。

このページに直接リンクしてしまった方はこちらへ お便りちょうだい! 社会福祉法人 共働学舎